0

パンやケーキが売ってあるお店

Posted by wonderegg on 2016年11月3日 in 未分類 |

夢を見ました。パンやケーキが売ってあるお店に行っている夢を見ました。そこのお店には、行列ができていました。

そこの街は、全く知らないところでした。そして、知らない家にいる夢も見ました。パンは、生活のエネルギーや豊かさの象徴しているそうです。

ケーキは恋愛、願望、女性としての魅力などをあらわしているそうです。知らない街にいる場合の夢の意味は、マンネリを打破したいという気持ちのあらわれを出しているそうです。行列に並ばず見ている夢は、マンネリ化した日常から一歩踏み出し運気が向上することを暗示しているそうです。

知らない街にいる夢の意味と行列に並ばずに見ている夢の意味は、似ているかもしれません。知らない人の家にいる場合は現在の環境に違和感を感じているのかもしれないと書いていました。

自分以外の人から与えられた価値観の中で窮屈さを感じているとか、知らない人の家でも落ち着く雰囲気を感じたなら周囲の価値観に馴染んでいけると感じているみたいです。そして、バナナを食べました。朝に食べたのですが、ちょうどいい甘さで良かったです。そして、勉強をしました。

バスケットボールについて勉強しました。ドリブルは、ボールを選ぶための方法の1つで、ボール保持者の1対1には欠かせない技術でもあります。

目的のないドリブルはしないように気をつけることです。ドリブルは連続ドリブル、その場ドリブルがあります。ドリブル・チェンジ(方向転換)はフロント、ビハインド・ザ・バック、ビトゥイーン・ザ・レッグ、バックロールがあります。ドリブルの練習はドリブルの奪い合い、ドリブル・チェンジからのシュートがあります。

ドリブルの奪い合いは、フリースローサークルやセンターサークルの中で、ドリブルをしながら相手のボールを奪い合います。

ドリブル・チェンジからのシュートは4か所にならんでドリブル・チェンジからのシュートを行います。

ノーマークとは、ディフェンスの影響がおよばない状態のことです。どのようなノーマークなのかによって、プレイやシュートの種類を選択するようにします。自分とゴールの間にノーマークの空間があるのは、完全なノーマークの状態なので、いちばん確率の高いシュートにもちこめます。自分とディフェンスの間にノーマークの空間があるのは、この場合ゴールに近づくことは逆にディフェンスに近づくことになるので、ストップしてシュートにもちこむようにします。

ディフェンスの背後にノーマークの空間があるのは、1対1の状態を破って破ってシュートにもちこむようにします。アウトナンバーの攻め方は、オフェンスの人数がディフェンスの人数よりも多い状態をアウトナンバーといいます。

アウトナンバーの攻撃では、基本的にはディフェンスのプレッシャーが少ないプレイヤーがシュートできるように展開します。2対1では必ず1対0のノーマークの状態をつくりだすようにします。勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Copyright © 2015-2017 毎日を楽しく過ごすためにナンチャラオイ!なんじゃい All rights reserved.
This site is using the Multi Child-Theme, v2.1.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.4, from BuyNowShop.com