0

Vリーグ女子ファイナル

Posted by wonderegg on 2015年4月27日 in 未分類 |

Vリーグファイナルは、久光製薬とNECの戦いとなりました。

NECは第2セット、サーブで久光の岩坂を狙い、速攻の助走に入るタイミングを遅らせることに成功しました。また、1人時間差でミスもあった大野に代えて上野を入れました。

さらに、決定率の上がってこない白垣に代え、新人の古賀を投入しました。これによって、近江、柳田がよい状態で打てるようになったと思われます。

久光は、セットの終盤に、古藤・長岡に代えてミハイロビッチ・中大路を入れますが、NEC優位は変わりませんでした。第3セットで、久光は第1セットから、レセプションの負担が大きく、攻撃面で精彩を欠いた石井をサーブに下がった時にミハイロビッチに交代させましたが、このセットもNECが優勢に試合を進めました。久光は、長岡が柳田や古賀をブロックで止め、スパイクでも前衛・後衛いずれの時にも奮闘しました。

しかし、NECは、セッターの山口と秋山を使い分けたりして、このセットも取りました。NECが、久光に勝利して、優勝を果たしたのですが、この試合でベンチワークが冴えたのは、山田監督の方でした。

久光の長岡、石井、新鍋、岩坂らの実力は確かなものですが、NECの島村、大野、柳田、古賀、白垣、近江らも非常に魅力ある選手であることが分かりました。

今年は、全日本でも久光製薬勢がレギュラーを務めているところを、これらの選手が脅かすような存在であると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Copyright © 2015-2018 毎日を楽しく過ごすためにナンチャラオイ!なんじゃい All rights reserved.
This site is using the Multi Child-Theme, v2.1.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.4, from BuyNowShop.com